かつ久無庵 群馬で究めるとんかつ道!

従来のとんかつのおいしさを探求しつつ、時代に合った創作とんかつを追い求めるとんかつ屋の奮闘日記。

鼓童。

5月20日、夕方からおひまをいただき弊社奥さんたちと『鼓童』の公演に前橋市民文化会館へ行ってきました。
正直、誘われたときはあまり乗り気はしなかったのですが、会場に入りその熱気と独特の雰囲気に
なんだか興奮さえ覚えました。

f5ceb224.jpg

いざ開演です。

その迫力たるや壮絶なものでした。
日本の伝統芸をアレンジしつつ継承する技の数々。

力みなぎる汗と筋肉の躍動感。

和太鼓のリズムにのって気分は上昇、一種のトランス状態に入っていく自分がいました。

動画はこちらから。


この夜、私はまた1つ新しい扉を開いてしまいました。
感動です。

私の妹がメンバーの方と知り合いで、楽屋にご挨拶させていただきまた、弊社のとんかつ弁当を
召し上がっていただきました。
自分に厳しく鍛錬されている方々とお会いでき、またとんかつを揚げる手に力が入るってものです。



鼓童最高!

スポンサーサイト
  1. 2011/05/21(土) 16:26:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リスクとは。

先日あるお客様からたいへん参考になるお話をいただきましたのでご紹介いたします。

リスクとは。
日本語では単純に「危険」と訳します。
ではその反対語はというと、「セーフティ:安全」ということになりますが、
英語ではリスクの反対語は『リターン』になるのです。

つまり、

リスク(危険)⇔セーフティ(安全)・・・×
リスク(見返りがありうる危険)⇔リターン(見返り)・・・○

となり、

セーフティ(安全)の反対語はリスクではなくデンジャー(危険)となるのです。
日本にも『虎穴に入らずんば虎児を得ず』という言葉があります。


社長がなぜ給料が多いかというと、常にリスクを背負ってやっているからです。
うちの若いスタッフたちにもリスクを恐れずおもいきりやってもらいたいものです。



  1. 2011/05/18(水) 05:20:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0