かつ久無庵 群馬で究めるとんかつ道!

従来のとんかつのおいしさを探求しつつ、時代に合った創作とんかつを追い求めるとんかつ屋の奮闘日記。

ぶらり瀬戸の旅。

10月23・24日と連休いただき、お取引先の奈良さんとご友人の田中さんと
3人で今年も恒例愛知県瀬戸市の更紗窯・長江鉄男氏のもとへお店で使う
陶器の商談に伺いました。

車で約5時間、夕方に到着してさっそく長江さんを訪ねます。

門2

お店に来ていただいた方ならすぐにおわかりになると思います。
無庵で使用している瀬戸物は全部ではありませんが、こちらに
お願いしているものがあります。

工場

はしおき

長江さんのご紹介は、リンクのページでご覧いただくとして、とにかくこの道では有名な職人、
いや、芸術家なのです!

今回は長めのお皿が欲しくてその打ち合わせでお邪魔させていただきました。

長さら

この写真はサンプルですが、デザインをちょっと変えてもらって創っていただく予定です。


----------------------------------------------------------------------------------

2日目、道の駅と隣接する『瀬戸陶磁器センター』に見学です。

kannbann.jpg

センター

その歴史や展示・販売、教室と、瀬戸陶芸のことがよくわかるようになっております。

tennnai.jpg

ちょっと急ぎ足の旅でしたが、ひとつに打ち込む職人・マイスター・芸術家と
その商品・作品、魂にふれあうことができて、料理人という同じジャンルの
職業でいることの幸せともっと上へ・・という活力もいただいたぶらり旅でした。


ありがとうございました。

カップ





スポンサーサイト
  1. 2012/10/27(土) 15:34:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<うまい牡蠣ありマス! | ホーム | 進化!黒黒メンチかつ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katsuhisamuan.blog71.fc2.com/tb.php/110-35908b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)